会員登録はこちら

カテゴリから選ぶ











2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
休業日
2019年 02月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   
[OWNER]
 

ポリッシャーご購入前にお読みください。


■無償保証について

弊社販売のポリッシャーには保証期間が6か月をお付けしております。
メーカーの想定内の使用での故障(初期不良と思われるもの)につきましては
期間内であれば、無償で修理させていただきます。

メーカーの想定外の使用や過失等での故障につきましては、
保証期間内でございましても、無償保証は受けることができませんので
ご了承ください。
・使用上の誤り及び不当な修理や改造による故障及び損傷
・お買い上げ後の移動や輸送あるいは、落下などによる故障および損傷
・火災・地震・水害・落雷、その他天災及び公害、塩害、ガス害(硫化ガス等)
による故障及び損傷
・指定部品以外の消耗品(ブラシ、ホース、コード、スイッチ、車輪、各種ゴム製部品)
及び付属品の交換

仕様説明書をよくお読みください。
使用説明書に記載のある注意用法を守らないで
使用されたトラブルにおきましても同様に保証対象外となります。

---------------------------------------------------

■故障してしまったら

保証期間内外にかかわらず、修理は弊店で代理させていただきます。
ポリッシャーの調子が悪くなりましたら、一度ご連絡ください。

ポリッシャーのトラブルチャート
  
スイッチをいれてもモーターが回らない 
 ↓
 
モーターとコンセントを
直接つないでも
モーターが回らない
モーターとコンセントを
直接つなぐと
モーターは回る
 ↓  ↓
本体(モーター)部分に
異常が見られます。
ハンドル側(コードやプラグ、
スイッチ部)に異常が
見られます
 ↓  ↓
Aへ Bへ

-------------------------------------------------------------
Aの場合

A:モータに異常が発生しております。原因は?
本体に何らかの負荷がかかると、モーターが焼き付いてしまいます。
よくある原因としては、

・床面とポリッシャーとの摩擦が、メーカーの想定以上に発生し、
モーターが焼き付く場合

ゴム床やカーペットでよく起こりうる現象です。
ポリッシャーとの摩擦を軽減するにはよく水をまき、ポリッシャーの
本体が熱を持たないように、休み休み動かすことが大切です。
また全ての床面がポリッシャーで清掃できる床とは限りません。
あらかじめの注意が必要です。

・本体に水が入り、ショートする場合

ポリッシャーでの清掃作業には水まきが必要ですが、
本体に水が入り込むようなまき方はしないでください。
電気製品ですので、水には弱いです。
密閉タイプはあくまで本体のカバーが溶接されているだけであって
完全防水でもはございません。

・コンセントからの供給電流が安定せず、過度の電流が流れた場合
例えば他の機械を同時に使っているなど、さまざまありますが
一番多いのは、延長コードを使用させている場合です。
ポリッシャーの電圧が変わってしまいますので、延長コードは
使用できません。

・粉塵などの細かい粒子が本体に入り込んだ場合
水をまかずに、研磨作業に使用される場合によくある症例です。
塗料などを研磨はポリッシャーの本来の清掃用途ではない使用方法ですので、
おすすめいたしません。また、どんな用途でも水を使用しないで使用することは
おやめください。

・コードを巻き込んでしまった
ポリッシャー回転中に本体下にコードを巻き込まないように注意して作業してください。
コードを巻き込んでしまいますと、コードが断線する他、モーターが急に止まるため
モータが焼き付く場合もございます。
どうすればよいか?
以上の原因ですと、大変申し訳ございませんが
保証期間内であっても無償保証は受けられません

メーカーの想定外の使用またはお客様の過失等になってしまうためです。
ご了承ください。

修理の場合、本体を一度弊店まで送っていただき、弊社からメーカーへ修理にかかるお見積もりを
依頼いたします。メーカーからお見積もりの回答が来ましたらお客様へ修理にかかる費用をお知らせ
させていただきます。
その場合は、必ずご連絡をお願いいたします。


--------------------------------------------------
Bの場合

B:ハンドル側に異常が発生しております。原因は? 
コードやコンセントに何らかの負荷がかかると、断線してしまいます。
よくある原因としては、

・コンセントからプラグを抜く際にコードを引っ張ってしまった
コードを引っ張って引き抜かず、必ずプラグ部分を持って、ゆっくりと引き抜いてください。
引っ張ってしまうと、コードとプラグの接合部がコードの中で断線してしまいます。

・コードをピンと張ったまま作業していた
必ず、コードは余裕を持たせた状態で作業してください。
コードが張りつめたままで作業すると、断線してしまいます。

・コードを巻き込んでしまった
ポリッシャー回転中に本体下にコードを巻き込まないように注意して作業してください。
コードを巻き込んでしまいますと、コードが断線する他、モーターが急に止まるため
モータが焼き付く場合もございます。
 どうすればよいか?
以上の原因ですと、大変申し訳ございませんが
保証期間内であっても無償保証は受けられません

メーカーの想定外の使用またはお客様の過失等になってしまうためです。
ご了承ください。

Bの症例の場合、電気関係の得意な方がいらっしゃれば、故障部品をお取り寄せ発送いたしまして、
お客様で修理できる場合もございます。
もちろん、弊社にて修理も承ります。その場合は本体を一度弊店まで送っていただき、
弊社からお客様へ修理にかかる費用をお知らせさせていただきます。


■返送先

〒593-8316
大阪府堺市西区山田2丁25−1
ビルメンステーション ポリッシャー修理係宛て
072-260-5818

申し訳ございませんが、いずれの場合も送料はお客様でご負担願います。

そのほか何かトラブルがございましたら、ご相談ください。
上記対応は一般例でこの限りではございません。


■修理・点検・お預かりについて
■部品参考価格ページはこちら
■ポリッシャー説明書はこちら(pdfが開きます)

ページトップへ